MENU

授業形態が異なる

学校の場合には、授業形態が一定になっているのが一般的です。 そのためにクラス分けが行われているので、クラスによって受ける教科が異なります。 ただし、実際には学年全て同じ時間帯の授業を行っていますし、体育などは2クラス一緒に男女で分けて行うこともあるでしょう。 それに対して塾の場合には、家庭教師のように1対1で行う授業もあれば、少人数で行う授業もあります。

もちろん学校と同じように、数十人一緒に授業を行うこともあるのですが、 大勢で行う集団授業ではなく、少人数や1人の生徒に勉強を教える個別授業に力を入れているところもあります。 塾によっては個別授業専門の塾講師と、縦断授業専門の塾講師に分けられていることもあるのです。

もちろん給料も変わってくるのですが、塾の場合にはこのような教え方をしているので、より充実した勉強ができます。 人によって覚えやすい教え方も異なっていますし、覚える早さも異なっているので、 その人に合った教え方をしないといけないのも塾講師の難しいところでしょう。 教え方の方針自体は塾で決められていても、緻密な内容まで決まっているというわけではありません。 そのため、塾講師がある程度自分たちで判断して教える必要も出てくるので、このような点も塾講師の大変なところです。

Copyright©2016 塾講師とはなんぞや? All Rights Reserved.