MENU

塾講師の役割

塾講師というのは、当然勉強を教えるのが主な仕事になります。 しかし、教え方にもいろいろとありますし、塾の方針によっても教え方が異なっているので、そう簡単なことではありません。 もちろん家庭教師や学校の先生とも教え方が異なっているので、仕事内容は実際に経験してみたいと分からないことも多いのです。 仕事内容は勉強を教えることだと言っても、1個人に勉強を教えられるだけでは務まりません。 では、塾講師にはどのような役割があるのでしょうか。

1つは受験対策です。 塾に来る目的の多くは、学校の勉強についていけないからではなく、受験対策に通わせる親が多くなっているのです。 そのため、普通に勉強を教えるのではなく、受験対策となる教え方をしなければいけません。これが塾講師の仕事内容の1つです。 そのため、街中には受験対策をうたい文句にしている学習塾が多くなっていると言えるでしょう。

2つ目は学校で行っている勉強の予習復習となります。 通常はこの2つが主な塾講師の仕事内容ですが、学校で行っている勉強の予習復習だけを目的に塾へ通っている人は少ないでしょう。 なぜ予習復習を行うのかというと、当然テストでよい点を取り、成績を向上させるためです。 そうすることで就職時にも進学時にも有利になるので、予習復習が目的というよりも、テスト対策と言った方がよいでしょう。 当サイトでは塾講師の役割や仕事に関する内容を解説し、これから塾講師になりたいという人の参考になればと思っています。


学習意欲を引き出す…

詳しくみる…

授業形態が異なる…

詳しくみる…

指導以外の仕事…

詳しくみる…